I7ll

Webデザイナーが, Webについて,デザイン, 技術トレンド, レビューなど, あれこれ綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


DOCTYPE宣言

「DOCTYPE宣言」とは、そのページがどのバージョンのHTMLで、
どの仕様に従って作られているかのを、ブラウザに伝えるためのものです。

HTML4.01のルールでは必須とされているものですので、
HTML4.01に準拠したページを作成するのであれば、
このDOCTYPEの宣言を行う必要があります。

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">

「DTD(文書型定義)」とは、そのバージョンのHTMLで使用することのできる要素や
属性と、要素の配置に関するルールなどを定義しているものです。

このDTDには、Strict、Transitional、Frameset の3種類があり、
それぞれの記述方法や意味は次のようになります。

<Strict … HTML4.01のルールに厳密かつ正確に従う指定>

非推奨の要素や属性は使うことができず、要素の配置に関しても
細かい決まりごとがあります。また、フレームも使用することができません。

■URLを含めた指定
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd">

■URLを省いた指定
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN">

Frameset … Transitionalにフレームを加えた指定

Transitionalに加え、フレームを使用できるようにした指定です。
フレームを指定するページの場合は、このDOCTYPE宣言を記述します。

■URLを含めた指定
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Frameset//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/frameset.dtd">

■URLを省いた指定
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Frameset//EN">

表示モードについて
一般的なブラウザ(古いバージョンを除く)には、「標準モード」と「互換モード」という2つの表示モードが備わっています。

■標準モード
文法を正しく解釈する表示モードです。文法ミスは無視されます。

■互換モード
過去のバージョンと互換性のある表示モードです。文法ミスはある程度許容され、ブラウザがうまくカバーして表示してくれます。

※解釈の違いにより、標準モードと互換モードでは表示のされ方も多少違ってきます。

表示モードは、DOCTYPE宣言の記述にURLを含めるかどうかによって、
自動的に切り替わる仕組みになっています。

« 無料モバイルSEO|Top|CSS drive »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://i7ll.blog11.fc2.com/tb.php/115-4c1a7797

Top

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。