I7ll

Webデザイナーが, Webについて,デザイン, 技術トレンド, レビューなど, あれこれ綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


mixiアプリのマネタイズ

せっかくコストかけて作るからには、
マネタイズも成立してないとね!
と思い、色々、SNSマネタイズモデルを、調査をしてみました。

■「mixiアプリ」を8月に正式公開、開発者への報酬も公表
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2009/04/23/23265.html

によると、mixiのマネタイズモデルは以下の3つ。

・CPM
 mixiアプリの1ページビュー(PV)あたり最低0.01円が報酬となり、
 金額はPVに応じて上がっていく。

・課金コンテンツ(mixi Payment API)
 アイテム課金などを行うための課金システムの仕組みも用意され、
 課金収入の8割は開発者の取り分となる

・CPA(?)
 アプリに広告を表示することも可能で、独自の広告を表示することができるほか、
 ミクシィもアプリ向けの広告プログラムを用意する。

さて、OpenSocail対応SNSアプリのマネタイズはどうなっているんだろうか?
というところも調べてみた。特にMySpaceのPVに迫っているFaceBook利用者の
95%アプリ使用しているという市場の大きさである。

■収入源は「広告収入」と「コンテンツ課金」の2種類

「広告収入」

・CPMモデル
 通常のバナー系広告では広告単価が低すぎて収益にならない。
 Mixiが設定している最低広告単価は1000PVあたり10円
(Facebook実績もほぼ同程度)だが,
 これでは通常Webページの10%程度にしかならない

・CPAモデル
 MySpace × Openpal
 たった4人で月間1億円を稼ぎ出す!
 成功モデルに学ぶMySpaceアプリケーション開発の秘訣とメリット
 http://codezine.jp/article/detail/3178

この事例によると,1000PVあたり,平均で7500円,最大で20000円と,
通常バナー系広告の数百倍の収益効率となる。
(Facebook上位25のアプリケーションの80%がOfferpalを利用している.)

→mixiにおいても,外部広告サービスを積極的に取り入れる方針のようであり,
 このアフィリエイト活用がマネタイズの最大のポイントとなる。


「コンテンツ課金」

コンテンツ課金の代表例は次のようなものだ。

1.ゲームアイテムの販売
 ゲームでの強力なツールを有償で提供する

2.デジタルコンテンツの販売
 特に多いのが友人やアプローチ相手へのギフト(ただしデジタルコンテンツ)だ。
 またアバターや音楽ダウンロードなども含まれる

3.プレミアム会員フィー
 出会い系に多いのが直接コンタクトするために会員化を促すパターン。
 それ以外にゲームのプロ会員等も多い。

4.チップ
 ポーカーやスポーツギャンブルなどの賭け事系ゲームではチップ販売が
 主たる収入源となる

→ここで重要となるのは,「マイクロペイメント」と呼ばれる小額決済サービス。
 mixiでも標準で20%手数料での課金代行サービスを提供予定であるが,
 こちらも少し高いので外部サービスに期待したい。
 例えば米国の例では,Spare Change社が一律8%の手数料で
 小額課金サービスを提供している。



ここで初心に返ってアフィリエイトかぁ...
ブログパーツ的に張ってもらってそこのPVをもらうモデルは
通常のWeb運営に比べると、ビジネス成功の可能性を秘めている気がするので、
調査しながら、ブレストしたいと思います!


■参考)mixiアプリで稼ぐコツ ~ いかにマネタイズするか
http://blogs.itmedia.co.jp/saito/2009/05/mixi-faaf.html
- IT Media オルタナティブブログより。


MINOX DCCライカM3を買うならVery Tokyo


« Mixiアプリデザイン CSS/Flashについて|Top|FC2 スポンサー広告の消し方 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://i7ll.blog11.fc2.com/tb.php/128-5c33af8e

Top

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。