I7ll

Webデザイナーが, Webについて,デザイン, 技術トレンド, レビューなど, あれこれ綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Action Script の種類

今更ながら、ActionScriptのおさらい.

どこにどんな種類のスクリプトを書くか、
どうやってファンクションコールすべきなのかなど.
フレームの概念と, タイムランなど, 通常のソースに比べると,
時間軸の概念があるので、整理してみた. Action Script の種類
・「フレームアクション」キーフレームに書く
・「クリップアクション」MovieClipオブジェクトに書く
・「ボタンアクション」 ボタンのインスタンスに書く

*全て同じMovieClipオブジェクトに記述したことになる.
 変数、メソッドの実行はスクリプト間でお互い可能.
 "this"は全て同じMovieClipを指す.

■クリップアクションで、グローバル変数宣言、メソッド定義
onClipEvent(load)
{
gValue = 100;

function setAlpha()
{
_alpha = 50;
}
}

■MovieClipオブジェクト内のボタンからグローバル変数を参照
on(press)
{
trace(gValue);
this.setAlpha();
}

■MovieClipオブジェクト内のフレームアクションからグローバル変数参照
trace(gValue);
this.setAlpha();

実行順
・フレームアクション そのフレームが実行された時
・クリップアクション MovieClipオブジェクトにイベント発生時
・ボタンアクション  ボタンイベント発生時

メソッドや変数の定義ー>フレームアクションかクリップアクション
ボタンアクションからそれを呼び出す設計した方が無難.

« ClipActionとイベント発生順序|Top|Ajax »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://i7ll.blog11.fc2.com/tb.php/52-519625ab

Top

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。